放射線治療のやり方

希望がある

ガンに有効な治療方法として、放射線治療があります。放射線治療が何故有効的なのかと言うと、ガン細胞を増やさないようにすることが出来るためです。ガン細胞が増える時の遺伝子に直接働きかけることで、細胞が新しくなる時に脱落するように変更を促すことが出来るようになるからです。放射線治療に用いられる放射線としてX線やガンマ線などがあります。これから使われるようになるかもしれないものとして、陽子線や重粒子線などの新しい放射線の治療も行われていますので、今後の治療をより効果的にすることが可能になるかも知れません。放射線を利用することで、臓器を切断することなく治療できるのが最大の魅力ですが、臓器を残しておくことで、臓器本来の力を弱めることなく治療できるので、治療後の回復も比較的に早くなります。ガンの進行具合によっては放射線の効き目が異なりますので、今までの実験の結果や経験などから症状を見極める必要があります。どの治療を施すべきなのかというのは、通院している病院の判断となることが多いです。

放射線治療を用いて行なう治療には二通りのやり方があります。一つ目は外部照射です。外側から放射線を当て得ることで直接的に治療を行ないます。二つ目は内部照射治療です。体の内側に対して行なう方法で、ガンやその周辺に放射線を当てることでガンに対して働きかけます。内側に行ないますので、方法が特殊な場合が多いです。放射性同位元素を密封した状態で体の中入れる方法や、カプセル注入して、狙った臓器の取り込み方に調整する方法などがあります。治療方法も多いので、その効果や副作用などはいろいろとあります。治療を受ける前に医師と相談してどのような内容の治療をするのか理解しておきましょう。放射治療には専門的なスキルや知識がかなり必要となります。病院によっては専門のチームを作っていることも多く、看護師を含めて最適な人選をチョイスされているので、安心して治療をすることが出来ます。