マシンの違い

医者

病院によって導入されているマシンに違いがあります。導入されているマシンが多い方が治療方法も多くなるので、いろいろな治療を一箇所で行なうことが可能となっています。マシンが少ない場合が不利かというとそういうわけでもありません。専門的にその治療をしていることになりますので、その分野ではかなり慣れているとういうことになります。放射線治療も複数の治療方法がありますので、どの治療方法を取り入れているかで差が出てきます。ガンの放射線治療を分けると4つに分類されます。ガンマナイフ、サイバーナイフ、ノバリス、トモセラピーの4つであり、それぞれに効果や方法が異なります。治療方法も違えば副作用なども変わってきますし、ガンの場所や進行具合でも使用する方法が変わりますので、医師の判断にかかっています。

放射線医療に用いられる4つのパターンの特徴やメリットについて知りましょう。ガンマナイフは、脳腫瘍に用いられます。世界中でも有名な装置であり、国内だけでも50万台以上導入されているほどメジャーな方法です。ナイフの様な切れ味で切除するのでこの名前がついています。深部まで効果がある治療方法として用いられて、体への負担もだいぶ少ないですが、脳腫瘍に特化して治療方法となっています。サイバーナイフは、工業用ロボットに装着されているので可動域が広く、様々な角度から放射することが出来ます。一番の魅力として、ミサイルの迎撃に使われる追尾システムが導入されていることです。動くガンに対しても有効的で正確な照射が可能です。脳腫瘍や肺がん、肝臓ガンなどで治療することが可能となっています。ノバリスは世界最高峰の機関で導入されています。コンピューターによって制御しているので、誤差が少ないのが特徴的です。治療時間が短く体への負担も少ないです。全身のガンにも対応しているので適応力が違います。困難なガンにも対応できるということで信頼性があります。トモセラピーは360度どこからでも放射できるのが魅力です。さらに、正確にポイントをつくことが出来ます。正常な部分へのダメージを少なくできます。新しいので信頼性もかなり高いです。場所によって導入機器が違うので確認して治療しましょう。